サービス案内

治験薬管理

システムと運送会社との連携により、モニターを治験薬運搬業務から解放することが可能に

GCP(Good Clinical Practice:医薬品の臨床試験の実施に関する基準)省令の改正により、治験を実施する医療機関への治験薬搬入を、第三者の運送業者等が代行することが可能となりました。

治験薬の交付に関する規定について

<GCP省令:第17条関係>
治験依頼者の責任のもとで、治験薬の品質管理、運搬及び受領を確実に行うことを前提に、第三者を介した治験薬の交付を認めることとする。

この改正により、モニターによる搬入という負担の軽減に加えて、以下のメリットが生まれます。

  1. 動的割付などの手法を用いる治験の場合、従来は多くの予備薬剤(結果的に使われない薬剤)を確保せざるを得ないケースが多く発生していました。
    必要な薬剤を随時搬入することが可能になり、各施設における登録状況に応じて、必要最小限の薬剤を搬入することができます。
  2. その結果、治験薬製造にかかるコストを削減できます。

サービスアイテム

当社では、システム的に以下のサービスを提供します。

  • 倉庫および施設における治験薬在庫管理
  • 割付および登録状況と連動した、治験薬搬入・回収指示

イートライアルのサービス・製品に関するお問い合わせ:03-5225-9771/お問い合わせフォーム